縄文時代の頃、宍道湖と神西湖は島根半島

縄文時代の頃、宍道湖と神西湖は島根半島の西側を抉る大きな湾でした。それが斐伊川神戸川の堆積作用により湾が埋め立てられ、分断されたのです。