仮想通貨と仮想社会

お金の要るこの社会を

「まるで子供が遊ぶ人生ゲームだ」と

思ったことがあります。

おもちゃのお金を命をかけて集めるんです。

仮想通貨の話題がありました。

>話題のビットコイン

経済評論家「私はやりません」

1/27(土) 7:40配信 ニッポン放送

値上がりが話題になったと思ったら大暴、

話題の「ビットコイン」について

フリーアナウンサー八木亜希子が、

経済評論家・佐藤治彦に聞いた。

ビットコインとは、仮想通貨のひとつ。

世界中にある仮想通貨は1000〜1400種類と

言われています。

その中でシェアが多いものがビットコインだ。

「仮想通貨は、(中略)例えるなら子ども銀行

のようなもので、誰も『価値がない』と

思ってしまったらたちまち何の価値も

なくなってしまいます。」と語る佐藤。

(中略)

ちなみに佐藤自身は

ビットコインはやりません」と断言していた。

(1月20日放送 ニッポン放送八木亜希子

LOVE&MELODY」)

(以上)

>仮想通貨(ウィキペディアより)

法定通貨に対して特定の国家による

価値の保証を持たない通貨のこと。

>仮想(デジタル大辞泉の解説)

実際にはない事物を、仮にあるものとして

考えてみること。仮に想定すること。

存在しない物に価値を付けて取引きをしている。

取引きしなきゃ何も手に入らないのは辛いです。

仮想社会を考えています。

お金のない社会です。

お金の要る社会の中で

お金を求めないお金のない社会を実現しよう。

お金の流通から愛の流通へ

「12歳の少年が世界を変える!?」

http://ncode.syosetu.com/n3484dq/